文字サイズ:

 

仙台校 通学コース

通学コース > 仙台校

漢方理論をベースに「現代人に適した薬膳」を学びます。

養生薬膳コース

受講資格:漢方臨床指導士(漢方カウンセラー)
  または漢方養生指導士中級(漢方スタイリスト)の有資格者

◎全コース日程はこちら


【セミナー内容】

現代人に適した薬膳〜漢方理論をベースに身近な素材で学びます 古典的な薬膳で使われていた素材は現在では入手できないものが多く、再現する事が困難です。また、当時の人々は栄養不足が原因で感染症にかかりやすかった為、薬膳は滋養強壮に重点を置いていました。 しかし、現代人は高カロリーな食事が多くなり、栄養のバランスが悪く、自律神経失調症や生活習慣病に悩まされています。
 
当コースで漢方理論をベースに、身近な素材でできる「現代人に適した薬膳」を学び、新たな食の喜びを発見していきましょう。
 
※所定の出席日数、課題、確認試験をクリアすると薬膳アドバイザーの称号が与えられ、認定証を発行いたします。
<カリキュラムの特徴>
 ・日常よく使う食材の漢方的な効能などを学びます。
 ・代表的な漢方素材(市販されているもの)20種類の効能と使い方を学びます。
 ・代表的な漢方薬、約10種類の効能などを学びます。
 ・食材と食材、食材と漢方の相性(食べ合わせ)、禁忌を学びます。
 ・漢方理論(陰陽五行・四気五味・五臓六腑など)に基づいたレシピの組み立て方を学びます。
 ・食材と漢方の効能を生かせる調理方法を学びます。(煮る、炒める、蒸す、お酒に浸ける、お茶として飲むなど)
 
 
<カリキュラム>
24単位 / 1単位1時間
1  薬膳の歴史 13  弁証施膳の課題解説
2  薬膳の原則(1) 14  冬の食養生(1)
3  薬膳の原則(2) 15  冬の食養生(2)
4  春の食養生(1) 16  冬の食養生(3)小テスト
5  春の食養生(2) 17  気血津液の舌診
6  弁証施膳のポイント 18  気血津虚(1)
7  夏の食養生(1)小テスト 19  気血津虚(2)
8  夏の食養生(2) 20  確認試験 弁証施膳課題提出(2回目)
9  夏の食養生(3) 21  確認試験解説・課題解説
10  秋の食養生(1)小テスト 22  気血水の滞り(1)
11  秋の食養生(2) 23  気血水の滞り(2)
12  秋の食養生(3)弁証施膳課題提出(1回目) 24  総復習・食事会
 
受講資格:漢方臨床指導師(漢方カウンセラー)
       または漢方養生指導士中級(漢方スタイリスト)の有資格者
受講料:86,400円(教材費・税込)
定員:15名
講師

【講師名】小林 香里 (国際中医師,国際中医薬膳師,登録販売者)
仕事のストレスと忙しさから体を壊したことをきっかけに、ハーブや漢方などの自然薬療法に興味を持ち、本格的に漢方・薬膳を学び始める。北京中医薬大学日本校にて国際中医師・国際中医薬膳師を取得。2005年薬日本堂に入社。店舗での約10年の臨床経験を活かし、セミナー講師として活躍中。著書「温めもデトックスもいつもの飲み物にちょい足しするだけ!薬膳ドリンク」が人気を集めている。

受講資格:漢方臨床指導士(漢方カウンセラー)
  または漢方養生指導士中級(漢方スタイリスト)の有資格者
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP