漢方養生指導士 漢茶マスター

漢方養生指導士 漢茶マスターとは

「食薬※1の効能についての知識をもち、体調や体質にあった漢茶を提案できる人

※1.食材でもあり生薬でもあるもの

資格取得の流れ

  • 受講

    漢方養生指導士 漢茶マスターコースを受講
  • 受講修了

    全24単位中20単位以上の出席でコース修了 ※1単位:1時間
  • 試験

    本スクール各校舎で認定試験を受験
    (受験資格の有効期限および受験回数の制限はございません)
  • 認定

    認定試験に合格した方には、日本漢方養生学協会発行の認定証をお渡しします
    (更新不要の永久資格です)

漢方養生指導士 漢茶マスターコース

資格取得には「漢方養生指導士 漢茶マスターコース」の受講・修了が必要になります。
受講方法は「通学」のみとなります。

  • 50種
    の食薬※1

  • 体調
    合わせた食薬の選び方

  • 効能を考えた
    食薬
    ブレンド

コース内容

体質に合った漢茶ブレンドのスペシャリストに
「食薬」の効能についての知識をもち、体調や体質にあった漢茶を提案できる人を養成するコースです。
こんな方におすすめ
  • ・身近な食薬やブレンドの工夫を生活にとり入れたい方
  • ・体調に合わせてお茶・薬酒がブレンドできるようになりたい方
  • ・周りの人の悩みにそった食薬をアドバイスしたい方
学びを通してできるようになること・身に付くスキル
繰り返しおこなう症例検討で深める体調・体質の理解と、本格的な漢茶の提案力

受講方法

受講資格 漢方養生指導士 アドバンス 認定試験合格者
受講料 通学:88,000円(税込)  ※教材費込
特徴
通学
各校舎に通って直接講義を受ける方法です。
修了条件
通学
全24単位中20単位以上の出席で修了となります。 ※1単位:1時間

受講生・修了生の声

資格認定試験

コースを修了すると認定試験を受験することができます。
各校舎(青山・大阪・仙台)で受験していただけます。