• NEW
  • Pick Up

身近な薬草で健康ライフを楽しもう

  • 漢方入門
  • 漢方応用
  • アロマ・ハーブ・手作り
  • http://www.kampo-school.com/common/img/seminar_web/819_1.jpg
  • http://www.kampo-school.com/common/img/seminar_web/819_2.jpg

セミナー内容

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

<身近な薬草を役立てる知恵とワザを学ぶ>

5月:初夏の健康茶作りをマスターしよう
アケビ、アカメガシワ、カキドオシ、スギナ、ノビル、ヤマグワ等々、5月上旬から6月ごろにかけて、健康茶作りのトップ・シーズンを迎えます。そこで、初夏に作る健康茶の材料調達から上手な作り方、利用法までをマスターしましょう。
 
6月:盛期の薬草と利用法を学ぶ
初夏は薬草の最盛期にあたります。それは、この時期に花を咲かせる薬草がたくさんあるからにほかなりません。なぜかというと、たとえばドクダミやカキドオシなどのように全草を用いる薬草は、花をつけた時期に採るのが鉄則ですから、初夏に花が咲く薬草が多いということは、必然的にこの時期が薬草のピークと言えることになるわけです。
 
7月:夏キノコの薬効と利用法を学ぶ
キノコは秋のものだと思い込んでいる人たちが多いようですが、実は、自然をよく観察していると、キノコというのは一年中目にすることができるのです。なかでも「梅雨明け10日」と言って、梅雨明け直後から、いわゆる「夏キノコ」と呼ばれるグループが次々と顔をのぞかせます。そこで、夏キノコと親しくなる勉強をしましょう。
 
8月:晩夏~初秋の有用植物と利用法を学ぶ
お盆明けから9月の上旬にかけては、季節の大きな変動期で、薬草や木の実、キノコなども秋バージョンになってきます。たとえば、薬草では、果実や根っこを利用するものに、木の実だと、堅果や蒴果などの数が増えてきます。そこで、この季節の有用植物について、その種類や利用法を学びます。

講座詳細

持ち物:筆記用具
受講料:3,000円(消費税込)
形態 1day
校舎 品川校

日時・空席状況

校舎を選択
日付 時間 学校名 講師・持ち物等 空席状況 予約

    講師紹介

    その他の講師

    講座検索トップへ