オンラインコース

オンラインコース

基礎から体系的に学び
ステップアップできる

「漢方」の本質は、病気になったらどうするかではなく、病気にならないようにするために、自分で自分の身体をどう管理するかです。
漢方は、まさに今の時代に求められている予防医学なのです。
オンラインコースはZoomを使用し、スマートフォンやパソコンから、リアルタイムに通学コースの授業をご受講頂くコースです。

オンラインコースのおすすめポイント
  • Zoomを通して全国どこからでも漢方・養生を学べます。
  • 感染症や天災などで来校が不安な方にも安心してご受講いただけます。
  • 通学する時間を省けるので、自分時間を確保しながら、効率的に学ぶことができます。
  • 周囲を気にせず、ご自身がリラックス出来るお好きな場所や環境で集中して学ぶことができます。
  • 録画した講義内容をWEB上で次回の授業開始までご視聴いただけるので、気になるところを復習でき、着実に学びを深めることができます。
  • 受講できない日の授業は録画視聴期間内にご視聴いただくことで出席となります。
  • 子育て中やご家族の介護などで来校が難しいという方でも、リアルタイム受講と録画視聴を組み合わせ、すきま時間を使ったご受講が可能です。

「漢方養生指導士」とは

「漢方養生指導士」とは漢方の基礎理論に基づき、大自然と調和し、心身共に健康で充実した【漢方・養生】生活を、自ら実践しアドバイスできる人のこと。
漢方養生指導士養成講座【初級】では、漢方の基礎理論と季節や体質に合わせた養生法を学びます。

漢方の智慧を理解・実践することで、自分自身はもちろん、家族や周りの方の健康管理に役立てることが出来ます。

生涯活かせる漢方スキル

  • セルフメディケーションが
    できるようになる

  • ご家族や大切な方の
    健康管理に役立てられる

  • 仕事や趣味の幅広がり
    より生活が充実する

コース ステップアップの流れ

漢方養生指導士(漢方スタイリスト・漢方上級スタイリスト・漢方薬膳スタイリスト)と、漢方臨床指導士(漢方カウンセラー)を目指して学ぶことができます。※上級は通学コースのみとなります。

ステップアップの流れ

オンラインコース一覧

漢方養生指導士養成講座 初級 <暮らしの中の漢方が学べる>

初心者の方でも無理なく、わかりやすく「漢方の基礎」が体系的に学べます。
漢方養生指導士養成講座初級を修了された方は漢方養生指導士初級の資格認定試験を受験することができます。

受講対象者
どなたでも受講可
(未成年者の場合、
保護者の承諾が必要)
受講期間
平均3ヶ月
取得資格
漢方養生指導士初級
受講料
48,800
(入学金・教材費・税込)
◆カリキュラム内容
  • 漢方とは?【漢方の特徴・歴史】
  • 漢方の基礎【陰陽五行説】
  • 漢方の生理学【気血水・五臓六腑】
  • 漢方の病因論【外傷・内傷】
  • 養生の原則
  • 漢方養生生活の実践

◆受講生の声

40代・女性・会社員
原因不明の不調が続き、色々調べて“未病”という考え方を知り、深く知りたいと思いました。授業内容はテキスト通りでなく、分かりやすい例や咀嚼した解説もあり分かりやすかったです。
60代・男性
陰陽五行に興味があり、漢方を学ぶことでその深い意味を知りたかったため受講しました。何人かの先生から学ばせて頂きましたが、それぞれ個性豊かでそれぞれに分かりやすかったです。事務のスタッフも対応が優しく、ていねいでした。
30代・女性・薬剤師
近隣に漢方薬を処方するDrがいますが、処方意図が分からず、服薬指導が難しいと感じていたので受講しました。大学の授業では習ったことのない内容ばかりで、実生活に役立っています。以前よりも少し踏み込んだ服薬指導ができるようになり、患者さんの反応も変わり手ごたえを感じるようになりました。
30代・女性・主婦
薬膳・漢方検定の勉強が楽しく、合格特典もあり知識を深めたいと思い受講しました。漢方を学んで陰・陽を意識して生活するようになりました。自然に合った生活を送っていこうと思いました。お茶のサービスが嬉しかったです。毎回楽しみにしていました。
30代・女性
歴史や成り立ちも学ぶことが出来興味深かったです。日常生活で起こる出来事や不調と照らし合わせて考えるのがおもしろく、もっと深く学んでいきたいと思いました。

すべての受講生の声を見る

講座詳細はこちら

漢方養生指導士 中級 <漢方の智慧で“我が家の名医”に>

初級で学んだ漢方の基礎をベースに、漢方薬の選定法や適切な養生法の実践・提案など、漢方の実践活用法を学んでいきます。
中級を修了された方は漢方養生指導士中級の資格認定試験を受験することができます。
また、中級の資格認定試験に合格すると「漢方スタイリスト」の称号が得られます。

受講対象者
初級認定試験合格者
受講期間
平均4ヶ月
取得資格
漢方スタイリスト
受講料
144,000
(教材費・税込)
◆カリキュラム内容
  • 漢方の診察法【四診】
  • 漢方の診断法【八網弁証・気血水弁証・臓腑弁証】
  • 漢方の治療法【治則と治法】
  • 漢方の薬物学【本草・方剤】
  • 疾患別漢方各論【漢方薬の選定法と養生法】

◆受講生の声

20代・女性・会社員
土日集中クラスで、1日6時間の詰めこみ授業でしたが、先生の授業が本当に面白くて、最後まで楽しく受講することが出来ました。自分の体質をより正確に把握出来るようになりました。今後家族の健康を考えるのに役立てたいです。
40代・女性・イベント制作業/フリーアナウンサー
自分自身の慢性的な体調不良を改善したいと思い、長期的でも良いから根本的なところから身体を知り、治すには西洋医学ではなく東洋医学だと思ったので受講しました。基礎を何度も振り返りながら進める授業は本当にわかりやすかったです。今まで何気なく選んでいた食材が自分の症状に適していないと理解するきっかけになりました。
30代・女性・会社員
先生方がとにかく楽しい方ばかり。漢方愛を感じます。更に漢方について学びたいとう思いが強くなりました。いつかは薬膳のお料理教室ができればいいなと思います。
50代・女性・会社員
病院に行っても原因がわからず、痛み止めだけ処方されるので、漢方で言う「未病」を日々の生活の工夫でどうにかしたかったので受講しました。今では、リラックスしたい時はジャスミン茶、デトックスはプーアル茶のように、お茶の選び方も変わり、クコの実、なつめ、ハスの実、ハトムギなど、今まで使った事のない食材を料理に取り入れるようになり、気温・体調に合わせて飲食物を意識するようになりました。
40代・女性・サロン受付
家族に養生や漢方についてアドバイスでき、自分の生活にとりいれることができました。より多くの人に漢方の考え方や養生を伝えていけるようなサロンを開けるようになりたいです。

すべての受講生の声を見る

講座詳細はこちら

漢方養生指導士 養生薬膳 <「薬食同源」を自在に操る達人に>

漢方理論をベースに、手に入りやすい身近な食材の中から季節や体調・体質に合わせて食材を選び組み立てる方法を身につけます。
漢方養生指導士養成講座 養生薬膳24単位を受講し、課題をクリアすると「漢方薬膳スタイリスト」の称号が得られます。

受講対象者
中級認定試験合格者
受講期間
平均4ヶ月
取得資格
漢方薬膳スタイリスト
受講料
79,200
(教材費・消費税込)
◆カリキュラム内容
  • 薬膳の基本【歴史・原則】
  • 季節の食養生【春・夏・秋・冬】
  • 薬膳レシピの解説・考案
  • 気血水の食養生【気血水の不足・滞り】

※調理実習はありません。

◆受講生の声

40代・女性・エステティシャン
仕事の中での引き出しを広げてお客様にアドバイスをするため、また、食材を理解して日常生活での食事に活かせるようにするために受講しました。自分の身体の状態の変化をしっかりみれるようになり、食事を作る時も普段の献立の中で薬膳を少しずつ取り入れるようになりました。まずは自分に落とし込み、周りの方々にアウトプットしていきたいです。
50代・女性・会社員
薬膳を学び、今後に役立てていきたく受講しました。特に意識しているわけではないのですが、自分の体調が良くなっているのを感じます。ひどい冷えがなくなったように思います。今は健康を気にする人が多い中、間違った事をしている人も多いので、身近な人から学んだことを伝え、先々は子供からお年寄りの食生活に役立てられるような事を伝えられる仕事ができればと思います。
30代・女性・会社員
初級、中級で得た知識を毎日の食事に活かしたかったため受講しましたが、大きく体調を崩すことが減りました。日々の上手な過ごし方を家族や知人と共有していきたいと思います。
50代・女性・会社員
中級まで学んだ知識を日々の食事にぜひ取り入れたいと思い受講しましたが、食材を見るとすぐに四気、五味、帰経を考える日々になりました。最近友人たちからいろいろ聞かれる様になったので、更に勉強して分かる範囲で答えたりアドバイスしていきたいと思います。話題が増え仕事にも役立っています。
30代・女性・会社員
初級、中級で学んだ知識を実践に活かしたかったため受講しました。宣伝や広告、世の中のブームに惑わされずに自分の知識や体からの声で食事を選ぶようになりました。

すべての受講生の声を見る

講座詳細はこちら

漢方臨床指導士 養成講座 <漢方を実践で扱えるカウンセラーへ>

漢方臨床指導士とは、日常生活での漢方の使いこなし方がわかり生活指導ができる人のことをいいます。漢方基礎理論、本草・方剤学および診断・治療学を学び、処方検討、選定をくり返しながら的確な状況判断のコツを身につけていきます。
「漢方薬物学コース」から学び「漢方診断学コース」で完結する、漢方を実践で扱える人材を育成するための講座です。
漢方臨床指導士養成講座を修了された方は、漢方臨床指導士資格認定試験を受験することができます。漢方臨床指導士 資格認定試験に合格すると「漢方カウンセラー」の称号が得られます。

薬物学コース

受講対象者
中級認定試験合格者
受講期間
平均10ヶ月
受講料
250,800
(教材費・消費税込)
◆カリキュラム内容
  • 本草の基礎知識【生薬の薬性、配伍、禁忌 他】
  • 方剤の基礎知識【処方の組成、剤型、服用方法 他】
  • 弁証論治による生薬・処方の選定
  • 本草学各論(生薬142種)【性味、基原、効能、使用上の注意 他】
  • 方剤学各論(方剤200処方)【効能、方解、臨床での応用、使用上の注意 他】

◆受講生の声

30代・女性・薬局事務
登録販売者試験を受けるにあたり、より深く漢方の事を知りたくてこちらのスクールに通うようになりました。始めは試験に必要な内容が理解できればよいという考えで受講しましたが、漢方を学んでいくにつれてより漢方の知識を深めたくなり、仕事の上でも知識が活用できるようになれればと考え、臨床コースへと進みました。日常の生活の中で感じる体調不良の原因がどこからきているのか自然と自分で考えるようになったり、その時にどういった対処をすればよいのか、どんな薬を選べばよいのか自然と頭に浮かぶようになりました。
30代・女性・主婦
生活に取り入れる漢方の種類が増え、不調に対応しやすくなりました。ドラックストアでも、一般薬に含まれる生薬の効能を良く見て薬を選べるようになりました。
30代・農業
植物の可能性をもっと知り生活に取り入れたいと思い受講しました。養生や植物の使い方に対してたくさん考えることが増えました。一生かかって勉強したいものが見つかりました。
50代・女性・会社員
漢方についてより詳しく知り、実践で扱えるようになりたいと思い受講しました。自分が現在服用している漢方薬がなぜ処方されているのか理解できるようになりました。風邪をひいた時に適切に漢方薬を選べるようになりました。
50代・女性・会社員
症状から方剤を考えられるようになり、また生薬の働きを知ることができ、本当に実生活に漢方を役立てていると思える日々になりました。

すべての受講生の声を見る

講座詳細はこちら

診断学コース

受講対象者
薬物学コース 修了者
受講期間
平均10ヶ月
取得資格
漢方臨床指導士
(漢方カウンセラー)
受講料
313,500
(教材費・消費税込)
◆カリキュラム内容
  • 病気の原因と機序
  • 漢方の診断法【四診(望診、舌診、脈診など)の実践】
  • 漢方の弁証法【八網・気血水・臓腑・六経・衛気営血】
  • 内科の弁証と症例検討 【不眠・頭痛・むくみ 他】
  • 外科・皮膚科の弁証と症例検討【術後の回復、瘡痬 他】
  • 婦人科の弁証と症例検討【月経病・更年期 他】
  • 小児・虚弱体質の弁証と症例検討

◆受講生の声

50代・女性・インテリア関係
漢方薬を購入する時、出来る限り生薬や身体の状態を理解して服薬したいと思い受講しました。体調不良の際、まずどうしてそうなるに至ったかを考えるようになり、不安が取り除かれることが増えました。敷居の高かった、漢方薬局へも普通に入れるようになり、今後は日々に暮らしの中で復習し、実践していきたいです。漢方知識ゼロから学び始め、診断学コースを修了できた事はとても感慨深いです。先生方、スタッフの皆様、ありがとうございました。
50代・女性・医師
臨床の場で役立てたいと思い受講しました。内容が豊富で時々スピードに追い付けないこともありましたが、次週で補足や復習があったり、質問にも丁寧に答えて頂けたので良かったです。日々仕事に活かしています。処方だけでなく、ライフスタイルや食事のアドバイスも幅が広がりました。

すべての受講生の声を見る

講座詳細はこちら