文字サイズ:

 

仙台校 ワンデイセミナー

ワンデイセミナー > 仙台校

機能から理解する経絡の働き

五感と身体をつなぐ経絡

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
 
※開催前日の18:00以降のキャンセルの場合、
キャンセル料(全額)が発生いたします。


【セミナー内容】

東洋医学における経絡は、気血が巡る通り道であり手足末端から内臓までを繋ぐ
ネットワークです。それぞれの経絡にはまとまった生理的な機能・役割があり、その経絡の
機能を手足の陰陽の分類から理解する事で、身体のどの部分が生理とどう結びついているかが
分かってきます。本では学べない経絡の働きを学ぶチャンスです! 
 
1月のテーマ
① 手の陰経(肺・心・心包)の働き~経絡を動かしていく原動力・肋骨と横隔膜の働き~
② 手の陽経(大腸・小腸・三焦)の働き~新陳代謝・熱調節の要・肩甲骨の生理機能~
 
<2月のテーマ>
① 足の陰経(脾・腎・肝)の働き~丹田へ通じる経絡・内臓を養う大きな働き・
 インナーマッスルと副交感神経と経絡の関係~
② 足の陽経(胃・膀胱・胆)の働き~覚醒と体全体の運動を担う経絡・交感神経の働き~
 
※キャンセルされた場合、資料のお渡し・販売は出来ません。
受講料:各回3,000円
持ち物:筆記用具
講師

【講師名】鈴木 康玄(康鍼治療院,院長,鍼灸師,クリスタルボウル演奏者)
青山学院大学卒業後、レコード会社勤務、アパレル勤務などを経て、2001年早稲田医療専門学校東洋医療鍼灸学科を卒業。小学校の頃より気管支喘息の治療をしてもらっていた元古典鍼灸研究会所属の脈診の治療家・長谷川保氏に師事。15年以上受けていた治療法を専門学校入学時より習い、2004年に渋谷に康鍼治療院を開院。 対症療法ではなくより根本的な治療の追求の為に毎月鍼灸の勉強会・研究会に参加し、また自らセラピストやボディーワーカー向けのセミナーなどを開催すると共に、伝統療法や社会学・心理学・カウンセリングから哲学などの勉強にも取り組んでいる。特に東洋医学における五臓(内蔵)と心やメンタルの関連性を深く理解し、いのち豊かで元気に生きてもらう為の治療やセミナー等として活動している。 また、自身の音楽活動による経験から、音を使ったヒーリングや治療を追求しており、様々な音を使ったヒーリングセッションやライブなど

日時の詳細は上のボタンをクリックしてご覧ください。
 
※開催前日の18:00以降のキャンセルの場合、
キャンセル料(全額)が発生いたします。
  • 詳細検索はこちら
 

TOPICS

  • NIHONDO KAMPO MUSEUM

PAGE TOP